国TOPへ ホーチミンハノイ
ベトナム社会主義共和国の地図(GIS)と基本情報、気候と服装、通貨と物価。ハノイの地図、ホーチミンの地図の情報です。
こちら旅の情報部
旅する人と旅創る人をつなぐポータルサイト
こち旅会員 サイトマップ
TOP    アジア    ベトナム社会主義共和国

旅MAP

旅の掲示板
ツアーメイト募集
まだ見知らぬ旅好き同志の出会いの場
ツアーメイト募集掲示板!!

SPAM対策を施して、より使いやすく安全な掲示板に生まれ変わりました。

ベトナム ベトナム
世界地図一覧
鉄道チケット予約
基本情報 気候と服装 通貨と物価 リンク
Climate and a dress
南北に長いベトナムは、北と南で気候がかなり異なる。北部ハノイは亜熱帯気候に属し日本と同じで四季がある。一方、南部ホーチミンは熱帯に属し、1年を通して日本の夏のような気温だ。訪問都市と行く季節により用意する衣類を考えよう。
気候
〔 ハノイ 〕
2月のテト(中国正月)明けから4月にかけての春の季節は晴天の日が少なく、霧雨の日が多い。春の終わりには気温の変化が激しい日々が続く。5月から8月にかけては夏になる。この季節は気温、湿度ともに高くなり、不快指数も高い。この時期の旅行なら日本の夏服だけで十分。 9月ごろから秋が始まり、秋が終わる11月には長袖のシャツが必要な気温となる。12月ごろから冬。最も気温が下がるのは1〜2月。雨はほとんど降らない。
〔 ホーチミン 〕
ホーチミンのある南部一帯は熱帯に属し、季節は雨期と乾期に分かれ、年間を通して気温が高い。雨期は5〜10月。1年を通して最も暑いのは雨期前で、気温は連日40℃近くに達する。乾期は11月ごろから始まり、12月からはほとんど雨が降らず、過ごしやすい季節になる。
服装
〔 夏 〕
1年中日本の夏服と同じでよい。冷房が効き過ぎていることも多いので、1枚はおるものを持っておこう。
夏 服装
〔 冬 〕
11〜3月の間は長袖シャツが必要。気温が最も下がる1〜2月にはセーターなどの防寒着を用意したい。
冬 服装
TPO
〔観光〕
アンコール遺跡観光や船を利用するメコン川クルーズは足場が悪いので、スニーカーやサンダルはしっかり歩ける滑りにくい底のものを選ぶこと。また、日差しが厳しいので、多少暑くても半袖シャツに長ズボン、あるいは軽い長袖の服など、観光時はなるべく肌をさらさない服装のほうがあとで日焼けに苦しまないですむ。帽子は必需品。雨期の旅行は傘やレインコートの準備も必要だ。
会社案内 |  お問合せ |  リンクについて |  プライバシーポリシー |  利用規約